小規模保育とは小規模保育とは

栗林にこにこ保育園では0歳・1歳・2歳のお子様をお預かりしています。
いわゆる、「小規模保育園」です。なぜ、「小規模保育園」なのか。
子供にも、預けられる保護者の方にも「おうちにいるような安心感」を感じて欲しいからです。
「地域で子供を守り育んでいる」その感覚を皆で共有したからです。
一人一人の子供を大切に慈しみ保護者の皆さまが地域で安心して働けるように、一番の応援団となって支えていきたいと考えています。

小規模保育

事業全体
市町村、民間事業者等
保育実施場所等
保育者の居宅、その他の場所、施設
認可定員
6~19人
  • 自園調理(連携施設等からの搬入可)
  • 調理設備
  • 調理員

小規模保育事業の対象は3歳児未満とされている理由

3歳児以降は、子供の人数の多い集団の生活の中で育つことが発達段階として重要です。その理由から、小規模保育事業の対象は、原則として3歳未満としています。

小規模保育ならではのメリットとは

大型保育園と比較して、同じ児童数に対して、保育士の配置基準が一人多いことです。
大型保育園よりも園児の人数が少ないため、この一人の効果は大きく、2歳児で卒園するまで、手厚い保育を受けることができます。

連携施設を設けることで、小規模保育事業をサポート

小規模保育事業は、小規模であることや原則として3歳児未満を受け入れ対象としていることから、(1)保育内容の支援および(2)卒園後の受け皿の役割を担う連携施設を設けていただくこととしています。
(1)の「保育内容の支援」の具体例としては、連携施設で調理した給食の搬入、連携施設の医師による合同健康診断、園庭開放、合同保育、小規模保育の保育士が急病の場合などにおける後方支援などが考えられます。
(2)の「卒園後の受け皿」については、小規模保育事業を卒園した後、確実は受け皿(転園先)があることが保護者の安心感や事業の安定性を確保していく上で、極めて重要であることから、連携施設に求める重要な役割として位置付けています。

栗林にこにこ保育園

入園に関するご相談・お問い合わせはこちらまで
TEL:087-831-1319
メールでのお問い合わせ